読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛んで未来の先に行け

心に映りゆく由無し事を そこはかとなく書きつくれば

嵐のこと。その後。

時かけについてつらつらと書きたいところですが先にこっちをやろうと思います。

 

一昨日くらいに嵐について最近思っていることを書きました。

 よろしければこちらの最後の方をどうぞ

sho-sato.hatenablog.com

 

 

これを書いた次の日に新曲が発表されて戸惑う。
シングルは欲しくてもその後に控えるツアーやそのアルバム、DVDを考えると学生にとってはどうしても優先順位が低くなってしまいます。*1

 

さて、その話は置いといて、嵐についての記事を書いてからやっぱり悪いことだけを書くのは卑怯だなと思いまして。

私の彼らの好きなところを書こうと思います。

 

 

大野さん

DIGITALIANで貴方のソロを見たとき、こんなにも美しく踊る人は初めて見ました。ステージ上でくるくると舞う姿は圧巻。
また、フリスタⅡで最後に飾ってあった貴方の自画像。どうしても忘れられません。とってもとっても美しかった。貴方には自分の姿がああいう風に映っているのかな。どんな風に考えたのかな、など沢山考えさせられました。

とても才能に溢れていて、メンバーが大好きで、表立ってリーダーらしいことはしていないかも知れないけど、きっと見えないところでみんなを支えているんだなと感じます。

ラーメンは奢る。というような変なこだわりを持っているところも好きです。

 

 

 

櫻井さん

貴方を好きになってどれくらい経つでしょうか。
たとえ太ったって、ドラマが決まったりすると一瞬で元に戻す貴方が
自分の意思を真っ直ぐに持つ貴方が
話の相手やゲスト側の良さを引き出すことが上手で、
語彙が豊富で、
大抵の楽器は弾けて、
だけどちょっと不器用で得意料理が麦茶な貴方が
だいすきです。

世間的には大野さんより貴方のほうがリーダーっぽく見えるんだろうな。
だけどそんな大野さんを尊敬していて、メンバーひとりひとりを尊重していること。
ジュニアのカリスマ的存在だったこと。
そんな貴方が大学進学やキャスターの道を拓いていったこと。
とても素敵な、詩を書くこと。

好きになったきっかけはいっぱいあるよ。

 

 

 

相葉さん

最近、突然髪色を変えたね。とっても似合ってます。ワクワク学校で生で見れたとき、惚れそうになりました。楽屋でフルーツを食べていたり、普段のバラエティではちょっとおバカで、抜けていて、だけどふとしたときに見せる男らしさや、かっこよさ。後はなんだろなあ。きっと貴方の性格が周りを笑顔にさせるんだろうな。

人見知りの名残が見えたような気がする時もあり、昔を思い出すけれど、「トップになりたい」と口にしたように、ひたすらに頑張ってきた過去があるから今の貴方が居ると思います。そんな貴方は本当に「優しくって少しバカ」が似合うなと感じます。

 

 

 

二宮さん

貴方はとても相手の懐に入るのが得意な方だと思います。そして、友好関係が一番謎です。俳優さんだったり、芸人さん(のじゃない方)だったり。ハワイでのドキュメンタリーで「お金を払ってもらっているのだからクオリティーは下げられない」という言葉。貴方のプロ意識を感じました。

また、二宮さんといえば演技ですね。演技が好きで、元々は裏方をやりたかった貴方。あまり、貴方の演技や映画は見たことがないのですが日本アカデミー賞主演男優賞を取った時の笑顔、涙は色々な思いが混ざっているのだろうと感じましたし、ファンやファン以外の大勢の方も喜び、祝福しました。きっと私には推し量れないくらい、とても、とっても嬉しかっただろうなあ。

 

松本さん

初めに、貴方には謝らなければいけないことがあります。この前の記事で、コンサート構成の主導権を握り過ぎなのではないかという内容のことを書きました。この記事を書いている途中にたまたまある方の記事を見つけ、色々なドキュメンタリーで見た貴方を思い出し、考え直しました。

貴方はいつも最後まで残り、スタッフと遅くまで話し合いを続け、他のソロの演出までこだわって。きっときっと沢山のものを背負っているんだろうなと、感じたことを思い出しました。やっぱりセトリに不満はあるけれど、悪く書きすぎてしまったなと、本当に反省しています。ごめんなさい。

多分、嵐で一番こだわりが強く、熱くて甘えんぼな人。
世間的にはギラギラして一番スターっぽく見えるかな?

あと、私の小さい頃の好きなドラマは花男でした。きっかけもあります。今でも好きだよ。

 

 

 

 

みんな、自分の個性を持っていて、それを生かす場があって。

嵐は大きくなりすぎた、っていうのは少しわかるけど、天狗になっているは違うなあと感じます。
ニュアンスの違いかもしれないけど、私はそう思うんです。

ここまで上りつめるのは決して楽な道ではなかっただろうし、沢山努力もしてきたはず。

 

 

そして、今がある。沢山のファンがいて、貴方たちがいて。

 

定期的にCD・DVDを出して、ツアーをやって、ツアー以外にもイベントを行って。

レギュラーも色々あって。

 

こんなに凄いことは無いはずなのに、それに慣れてしまってる。

 

 

「ファンが増えるからコンサートが当たらない」

確かにこう思う時期もあります。だけど、その沢山のファンがいるからこそ20公演近くもあるドームツアーを行うことが出来て、コンスタントに新曲を出せる。

沢山のファンがいるから、彼らを1位に出来る。

 

 

 

時々、というかしょっちゅう、アリーナツアーが当たっていたら私はこんな記事を書かなかっただろうと感じることがあります。

正直、ドームもアリーナも外れた組は放ったらかし感が凄いです。*2

 

基本、多ステは自分も一度はやってみたいと思うので容認派です。但し、全ステや全ステに近い多ステは別だと思います。会いたい気持ちはわかるけど、何度も何度も行って、知っている演出を心の底から楽しめるのだろうかと思うから。どこが線引きかと聞かれたら困るのですが。

しかし、アリーナツアーは顔認証。全ステどころか多ステもおかしいと思うんです。

チケットサイトで顔の特徴とか書かれているのを見るとアホらしく感じます。

 

真面目にやっている私たちは一体なんなのかと。

 

そして、対応の方法ももっとあるだろう、とも。

 

 

 

今、彼らに思うことは山ほどあります。

 

ブログからもわかるように最近、NEWSにドップリで、担降りも一瞬頭をよぎりました。

だけど、それは出来なかった。

また、今日のしやがれを見て、ああ、やっぱり彼らが好きなんだ。思った。

 

 

まだまだ彼らを追い続けていきたいです。

 

とりあえず、今月末にDVD、ツアーの詳細。

 

24時間テレビでのしやがれも密かに期待しています。

 

 

 

ちなみに画像フォルダには大量の翔さんがアイスクリームを抱えているキャプチャが新しく入りました。若干撮りすぎたなって気はします。後悔はしてない。

 

 

 

 

これからの彼らの活躍を願って。

 

 

 

 

*1:これは今嵐に思っていること関係なく、常にです。

*2:私個人の意見