読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛んで未来の先に行け

心に映りゆく由無し事を そこはかとなく書きつくれば

世代交代とその先へ

何かと話題のブログについて触れようかと思ったのですがなんだか皆さんの文章を読んでいると満足したのか落ち着いたのでやめます。ふっ、と楽になった気がする。

 

ということで、SMAPの話をします。

 

はじめに。あくまで私の意見です。

叩かれるかもしれない覚悟で書きます。不快に思ったらすぐにUターンおねがいします。

どうしようも出来ない思いを吐き出させて。

 

 

 

今週月曜日、SMAP×SMAP最終回が放送されました。番組開始から最後のエンドロールまで、ずっと張り付いてた訳ではありませんが見てました。

 

母は長年SMAPファンです。アルバムも001~Mr.Sまで、全部ではないんですが母がコンサートに参加した年のものはあります。

そんな母に色んなエピソードを聞きながら5時間弱スマスマを見てた。5人旅は慎吾ちゃんが何度も「700年」を強調して言うので突っ込んだり、途中で寄ったお好み焼き屋さんを調べて行きたいな、って思ったりしながら。

 

私のジャニーズの原点はSMAPです。生まれた時からSMAPは存在していて、常にそばにあった。初めて生で見たジャニーズも彼らです。今となっては私にとって最初で最後のSMAPのコンサートになってしまいましたが。

 

そんな彼らの最後のステージ。最後の5人が揃う場面。
歌い終わったあと中居くんが目に涙を浮かべてました。

 

号泣しながら世界に~を歌っている5人を見つめていた時、ふと過ぎったのは母から何度も聞いてきた言葉。

 

「中居くんが世界一SMAPのこと大好きなんだよ」

 

彼が泣くのはいつもきまってSMAPのこと。

 

どうして彼はそこまで追い詰められているのだろう。どうしてそこまで追い詰められたのだろう。

 

正直、実際5人みんながみんな、仲がいいのかは知りません。本人たちにしかわからないんだから。

 

きっと、中居・木村の二人はたとえ仲が悪くてもSMAPをやめることはなかっただろう。ただそれさえも嫌になったメンバーがいただけ。

 

事務所が解散させた、なんて声が聞こえてくるけどそれは違う。

解散するには絶対誰かが言い出さないと始まらない。

たとえそれ以降のコメントがSMAPから発信されたものではなくても。

 

 

最後の世界に~を見て、思ったのは慎吾ちゃんのいつもと何かが違う歌い方と表情、中居くんはやっぱり世界一SMAPが好きだということ。そのことだけで頭がいっぱいで何も考えられずただただ涙が溢れた。

 

ああ、もう戻れないんだ。って感じた。

 

 

 

 

正式に解散の発表があった8月中旬から始まった「花摘み運動」「署名活動」。

そのおかげで世界に~は300万枚を超えたし、12月30日の朝日新聞には募金で全面広告を出せた。

 

私はどれも参加していません。違和感を感じたから。

 

 

別に悪いこととは思ってないんです。参加すればいい。ただ私には何かが引っかかっただけ。

 

沢山買ったCDはどうなるのだろう、開けずに仕舞われるものもあるのかな。

 

もしかすると彼らが可哀想に見えたのかもしれない。

話し合って話し合って決めた結果なら、もうそれでいいじゃないか。なんて思ってしまうのは私の浅はかな考えのせいだろうけど。

 

お疲れ様でいいじゃない。

 

 

逆に彼らを責めることにはなりませんか。

さらに追い詰めることになりませんか。

 

こういう考えがあってもいいと思ったから。

 

 

 

ずっと、ずっと昔から応援してきた方の気持ちもわかります。何もしないで終わるよりいいのかもしれない。

 

私だってだいぶ考えました。たどり着いた結果がここだったんです。

 

 

 

 

今年の紅白歌合戦、大トリは嵐に決まりました。

これはもしSMAPがこれからも出続けていたなら絶対にあり得なかったこと。

 

 

以下の文は火曜日に鍵垢で呟いた内容。一晩考えた結果。

 

始まりがあれば必ず終わりは存在して。SMAPだって嵐だって初めから順調ではなかった、今ではジャニーズ二大グループだって思うけど嵐はまだまだだなあ。紅白だってきっとSMAPが居たらずっと大トリは無理だったよね。世代交代するならしたらいい、いつかSMAPを超えるような存在になってみろ

 

 

 

そう、どちらもここまで簡単な道じゃなかった。

時には新しい道も開拓してきた。

 

 

けど、足りない。まだ。まだまだ上にいける。

 

1番をとって当たり前。周りの環境がそう思わせるの。

そうじゃないとNEWSに出会った今年、思い知らされた。

 

 

たまには不満もあるし嫌いになりかけるときだってある。

けどいつか必ず君たちが偉大な先輩を超えるその日までずっと追い続けます。

 

 

それと同時に、今までもこれからもずっと憧れのSMAPにありがとうと伝えたいです。

 

最後の日は大好きなTriangleと掌の世界聞くね。

 

 

 

始まりがあれば必ず終わりが来る。

サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある
悲しみの先に続く 僕たちの未来
始まりはいつだって そう 何かが終わること
もう一度君を抱き締めて 守り方が愛に変わるもの

          乃木坂46のサヨナラの意味 より

 
 
 
 
5,4,3,2,1,手を開いて「バイバイ
 
そのバイバイはSee You!の意と受け取ったからね。
 
 
 
 
 
 
 
 
さあ新しい一年が始まる。
 
 
また会うその日まで、See You!